[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

「乳酸菌ラクトバチルス
パラカゼイKW3110」は、
免疫バランスを調整し、
目の疲労感や
アレルギー症状を軽減する。

キリンホールディングス株式会社 健康技術研究所 森田悠治

キリンホールディングス株式会社

健康技術研究所 森田悠治

「乳酸菌ラクトバチルス パラカゼイKW3110」(以下、「乳酸菌L.パラカゼイKW3110」の開発に携わった研究者。乳酸菌をはじめとして食のライフサイエンスを広く研究対象としている。

元々はチーズなどの製造で使用されていた「乳酸菌L.パラカゼイKW3110」は、キリングループの研究により、アレルギーや目の疲労感に対する効果が発見されました。「乳酸菌L.パラカゼイKW3110」はアレルギーに対しては、Th1サイトカインを誘導する活性およびTh2サイトカインを抑制する活性が高く、花粉症の方やアトピーのモデル動物で、症状を緩和することが報告されています。目の疲労感に対しては、炎症を抑制するマクロファージの活性を高め、IL-10の産生を誘導し、抗炎症機構を通して、ヒトにおいて、目の疲労感を軽減することが報告されています。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ